日本BLS協会のこだわり

BLS講習会は日本BLS協会 TOP > 日本BLS協会のこだわり

日本BLS協会のこだわり

日本BLS協会では、アメリカ心臓協会(AHA)の公式BLS講習を開催しております。当協会で開催している講習の全ては最新の国際ガイドラインに則っており、心肺蘇生法(CPR)、AED(自動体外式除細動器)の使用法を学ぶことができます。ここでは日本BLS協会のこだわりをご紹介します。

 

日程がフレックス

救命処置を学ぶ場である日本BLS協会。救命処置の講習を行う団体は他にもありますが、それらの団体が月に3回の講習を行っているのに対し、日本BLS協会では月に8回の講習を行っています。

 

マネキンが1人につき1体

一般的なBLSの講習だと、練習用のマネキンは3人に1体割り当てられるのが普通です。日本BLS協会の講習では、このマネキンが1人につき1体割り当てられます。これによって練習量は大幅に増えるため、効率よく技術を身につけることができます。

 

連絡が早い

一般的な講習では予約を入れても即対応ができないため、予定が組みにくいものです。日本BLS協会では、お電話やメールによるお問い合わせを頂ければ即対応いたします。

 

復習無料

BLSの講習はインストラクターの資格取得が目的ではありません。実際に患者さんの急変に対応する能力を養い、かつその能力を維持させることが目的なのです。そこで日本BLS協会では、当会で資格を取得された方向けに、無料復習サービスを行っています。これは、ご自身が参加したものと同じ講習会ならば、次回以降スタッフという立場で無料で参加できるというものです。カードの有効期限内なら何度でも参加できますので、どうぞご利用ください。

 

合格保障

AHA公認インストラクターの実技・簿記テストに不合格だった場合、試験から3ヶ月以内ならば無料で2回まで追加講習に参加することができます。